風俗の出禁とアスペルガー症候群の関係

今回はおふざけ無しでいきたいと思っているが

私の性格上、抑えられるか疑問もある。

 

人々の悪口の中に「アスペ」

このような言葉がある

 

私の研究の中で、アスペルガー症候群とは何か

男女共に現在は40〜50人に1人の割合とされている

隠れアスペは20人に1人の割合とも言われている。

 

風俗店で主な症状は

女性の言葉の真意が理解出来ないとされている

 

女性の言葉には、裏が必ず存在する

アスペルガー症候群である人間は 女性の言葉の理解が人よりも乏しい傾向にある

 

コミニケーション能力が低い為、空気が読めない 相手の表情が理解出来ない

 

嫌だの言葉の裏に何があるか想像が出来ない

 

強いこだわりを持つ彼らは、風俗店で女性が気持ち悪いと思う事を

 

平気でやってしまう傾向がある

 

「察して」

男にはただでさえ難しい、察して攻撃をしてくる

この察してで今、この時間 この文字を 読んでる間も 世界のどこかで察してを理由に夫婦喧嘩、恋人同士の喧嘩が行われている。

 

女性はただでさえ気難しいが

アスペルガー症候群の人は言葉を額面で受け取る

 

 

真面目な女性が多い風俗店では

気が弱い子も多く 言葉に出来ない為

心の中で察してと思ってしまう傾向がある。

 

ここを察すると この男性はモテる

簡単な例は

女性が お腹すいたね

 

本音(何か食べない?)

 

など 察する事がモテへと繋がる

 

 

アスペは言葉のやりとりも噛み合わない

 

また風俗店利用時は 会話も難しい

 

あれ?この人 無理と言ってるのに

 

理解出来ないのかな?

 

あれ?普通の人ではないな

 

とアスペルガー症候群だと即座に分かる。

 

 

女性のアスペも存在はもちろんしている

風俗店にも多数存在している。

 

統計的に男性数の方が世界的に多いと証明されている 自身がアスペルガー症候群だと このブログを読んで気づく場合もあるかもしれない

その場合、治療法などは まだ無い。 その他の精神的に苦しい問題があれば精神科を予約して欲しい

一般的なメンタルクリニックは1ヶ月待ちが普通。

 

 

アスペと誤解されやすい

「ADHD」

この病名はアスペと誤解を受けやすいが

遅刻が多く目立つ為、風俗店の利用時は時間を守れないと想定され

予約時間、この予約時間からタイマーがスタートされるケースもある

 

自身も遅刻癖があるのを理解しているので

時間の変更電話が出来るのでお店への迷惑は無い。

 

19時に予約をした場合

ADHDの彼の到着は19時30から20時

2時間遅れもある

 

このケースは最初に伝えてもらえれば

お店側にも迷惑がかからず利用が出来る

ただアスペルガー症候群と同じく空気が読めない人が多く

出禁になるケースが多い。

 

風俗女性のADHDは遅刻が多く目立つ。

 

 

 

アスペルガー症候群の発見者

ハンス・アスペルガー(Hans Asperger、1906年2月18日 – 1980年10月21日)は、アスペルガー症候群の研究で知られる、オーストリアウィーン生まれの小児科医である。

発見者の彼の名前からスペルガー症候群と病名が付けられた

 

 

人の気持ちが分からない

 

主な症状の中に人の気持ちが理解出来ない

友達が病人を理解しない為、なんか変わってるなコイツ

そう思われて 友人がいない

指摘される事が無いので

自分がアスペルガー症候群と分からない

数え上げるとまだあるが

風俗店における主な症状の中で、

 

人の気持ちが理解出来ない

 

ここに焦点が置かれやすい

 

女性、お店の言う

顔舐めは辞めて

 

彼は何故理解しないのか、その研究結果が及び実験の内容を一部公開する

 

顔舐めやめて

この真意普通の人間なら理解出来る、また、このような異常行動には出ない

 

顔舐めやめてこの一文を彼らは理解しない

ニュアンスが読み取れないからだ。

 

この真意には

病原菌、悪臭、他人への嫌悪及び不快感を連想させる事

 

これを理解せず、欲望 または

アスペルガー症候群特有の、固執した考えパターン化、ルーティンなどが存在する為

顔を舐めてしまい

女性の「やめてください」を理解出来ない

 

 

正しいケースは、洗えないから今コロナとか病原体もあるし、他の予約の人がいるのに貴方の唾液がついたまま向かえないよ

 

このまま帰らなければならないから10万円を支払うか、首から上を触らないように注意してください

ここまで言わないとアスペルガー症候群は理解が出来ない

空気を読むやニュアンスが分からないからだ

顔舐めやめて これではダメなのだ。

 

 

彼らも風俗店利用前に、メモなどをとり気を付ける事とし

自身で注意を払う

この病気を付き合いの長い人間はそうするが

 

出禁の彼らは、友人もおらず

 

誰一人 その病気に気づいていないことが多い。また女性との関係が難しい為 独身の方が多いのでは無いかと推測される。

 

彼らは自分の執着、ルーティンがあり 我慢を超えてしまう

どうしても顔が舐めたくて仕方ない  顔舐めへの執着

他の男性が顔舐めしていると思い込み、その洗えない部分

他の男性の唾液の付着部分を舐めたい衝動が起こる

風俗に行けば顔舐める。これが彼らの固執の原因である

幼少期の家族との接し方が一因とされて来たが今はDNAレベルの研究が進んでいる

 

毒親

毒親(どくおや、toxic parents)は、毒になる親の略で、と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす、子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。1989年にスーザン・フォワード(Susan Forward)が作った言葉である[1]。学術用語ではない。の場合は毒母毒ママ[2]の場合は毒父[3]等と称されている。スーザン・フォワードは「子どもの人生を支配し、子どもに害悪を及ぼす親」を指す言葉として用いた。「毒親」に関する議論は、親の「自己愛」問題が主な共通点であり、自己愛的な親英語版について語られることが多い[4]。主に母親が対象として取り上げられる[4]。毒親に育てられたと考える人が、自らを毒親育ちと称することもある。

 

 

この家庭環境からとされているが

アスペルガー症候群の人間は人の真意が理解出来ない事が多く

親への愛情の返し方が為されない事で、関係が悪化した可能性があると店長は見ている

 

ケース1

 

我が子が抱っこなどを嫌がる、触られる事に不快感を示す

 

この特徴的な行動で子供が親嫌いと誤解を招き、

 

親が 愛情を注いても この子には伝わらない

 

愛情が伝わらないなら恐怖支配してやる

 

罵声や罵り精神を支配する

 

この子は異常だ 普通の子では無い 私がいないとダメだ

 

親はこの決断に至った可能性があり

 

毒親が生まれたと仮定している

 

ケース2

 

食への強制行動が 家族内で起こる事がある

 

アスペルガー症候群の子供は食感の好き嫌い

 

匂いの好き嫌いがはっきりしている

 

舌触りの嫌悪で好き嫌いも多く、

 

鼻が過剰に良く、香水の匂いなどを嫌う

 

この為風俗女性の香水は嫌いと言う人もいる

 

嗅覚など五感が異常に発達しているケースがある

 

幼少期に、愛情表現が分からず

 

親はこの子の喜んだ数少ない出来事は何か

 

好きな物だけを食べる間、笑顔だ

 

この事柄から 現在も親、おばあちゃん等が

 

食べな食べなと強要しているケースがある

 

本人は舌触り、食感の好き嫌いだったが

 

好きな物を食べていたと誤解し、この時の笑顔が忘れられない

 

それが、この子が返した笑顔と言う愛情の形だと思い込み

 

現在も無理強いをし食べさせられている可能性がある

発達障害の一種とされているが

合併症、併存症などから

他の精神的病気が隠れている可能性が非常に高い。

鬱傾向や食感からの好き嫌いから、拒食症、過食症なども合併している。

 

アスペの女性は特に気付かれ無いケースも多い

一度思い込むと考えを変えられない

この世は白か黒で判断する◯ク◯と変わらない思考もあるが

男女ともにIQが高い事も珍しく無い為

人に疑問を抱かれないで大人になる

 

 

大人になり

「大人子供」こう呼ばれる

体は大人頭脳は子供

コナンの逆バージョン

 

毒親への恐怖、精神の支配

 

彼ら、彼女らは 親がどう見ているか

 

そこが世界の中心となっているケースが多い

 

アスペルガー症候群と毒親の関係

 

三段論法思考

これは

A 人の気持ちが理解出来ない = B 私は人と関われない = C 私はダメな人

A  好きな人ができない = B 付き合った事が無い = C 結婚できないクズだ私は

A 風俗行く = B 出禁になる  = 金払うと言っても相手にされない 私は生きる価値がない

 

このようにマイナスに結論づけ自分はダメな奴と思っているケースもある

この考えに至るまでに毒親の言葉が脳裏にある

 

親に貴方は出来る、貴方は普通だと 毒親に決めつけられ

 

出来るはずの事が出来ないから落ち込むなどを繰り返している。

 

親が病気の存在を知らない、変わった子と決めつけ

 

病院などに行った事も無い事がほとんどだ。

出来ない自分を責め、落ち込むを繰り返している悲しいケースも存在している。

 

 

 

 

空気が読めない

 

アスペルガー症候群の風俗利用男性は空気が読めない

または理解が出来ない

 

彼らはニュアンスが理解出来ない

 

この被験対象に理解させる主な言葉は

何故、ダメなのか

◯◯が◯◯だからダメなのだよと

 

詳しく説明する必要がある

 

誤解をしないで欲しい、彼らは、世間で言う有名大学も出ていて

社会的地位も高い、有名企業で働くなど

他人からは普通だと思われているケースも非常に多い。

私生活で、他人と関わらない限り 何の違和感も無い。

 

人と関わる際に問題が発見されるケースがある為

風俗店などで利用する場合目立つことが多い。

 

顔舐めはダメ

 

この理解をさせる事は安易では無いが

 

10万円のお金が必要

 

無銭利用の場合、警察と関わり

 

本当に10万円かかる為、現在では我慢が出来ていると考えられている。

 

彼らには理性が無いわけでは無いケースもある

ただインパクトがある言葉

10万円など、脳裏に焼きつく事柄が理性を抑えるとされている

 

興味や関心が狭い範囲に限られやすく、独特のこだわり行動や振る舞いが見られることもあります

 

これがお店への執着と、顔舐め行動に発展していると考えられている

出禁後の異常行動

 

彼らは何故出禁になったのか理解が出来ない

一般男性ならニュアンスで 自身の行動を思い起こし

納得する事が多い

 

 

彼らが何故理解が出来ないかは

アスペルガー症候群だからである

 

実際のケースを見て頂きたい。

 

貴方は出禁ですよ

 

風俗女性が嫌がったからです

 

貴方に会いたく無いそうです

 

二倍の料金でも無理です

 

もう利用しないでください

 

この理由が一般男性なら理解出来る

様々な恋愛経験、失恋を重ね

空気を読む

この空気を読む事が出来るからだ

 

アスペルガー症候群男性からの回答及び

メールの頻度、訴えを見て頂きたい

 

私何かしましたか?

 

何故利用がダメなのですか?

 

彼女が私に会いたいと思っているはずです

 

約束したんです 来週予約すると

 

何故電話に出てもらえないのですか?

 

悪いことしましたか?

 

彼女の気持ちを聞いて下さい

 

貴方のお店が好きなんです

 

 

彼らは、女性から嫌われた事が理解出来ない

アスペルガー症候群特有の、空気が読めない

強いこだわりがあり、女性が嫌悪感を表している事が理解出来ない

表情から嫌がっている事が分からない

 

 

半年ほど経つが今でも電話が鳴る

メールも来る

彼らはまだ理解が出来ていない状態と推測される。

 

今回の被験対象者は

病気だと推測されている

 

この病理に気づいていない彼本人の異常行動は 執着

そして空気が読めずに今でも電話が来る

この行動をしている彼らは

私の研究でアスペルガー症候群と判断し

今も見守っている。

 

 

彼らが利用すべきお店は

 

うんこでも食います!と言える女性が在籍しているお店に焦点を当てるべきだと推測される

 

①会話が無い為、コミニケーションが不要

②顔なども洗わず、気にしない衛生的な事が皆無(かいむ)

③金さえ払えば、我慢してやる精神の女性

④容姿が低下している為、ワガママも言わないケースがある

⑤お店側は 働く女性をゴミと思っているので

「馬鹿女は我慢出来るっしょ!」と考えているので出禁にはならない

⑥性病やコロナなど、お店の男性は自分さえならなきゃいいと思っている為、アスペルガー症候群の利用者を受け入れているケースも多い

⑦どこを舐めて汚い、臭いなどお店の人間が利用するわけでは無い為 気にしていない。 客同士で舐めあってろ精神がある。

唾液臭くても、化粧が崩れても、体調悪くても、顔が脂ぎっても、私のような若い女がわざわざオマエのレベルに仕方なく金さえ出せば我慢してやると意気込みがある女性なら アスペの利用も問題が無いとされている

⑨普段はソープやSMなどで掛け持ちもしている為、特に気にならない女性もいる

⑩アスペの人間の空気を読めない会話もスルー出来る能力が高く、相手にもしていないので我慢ではなく、空気として扱うのが上手い女性が多い

貴方の唾液が付着しても気にしないし、臭くても汚くても気にしない 他のお客さんにどう思われるなど気にも止めない 耳や顔、唇周り髪 洗わずに次の接客へ向える どうせまた顔舐められるし等 金が全てだと胸を張って言える女性が多いからだ。

 

 

以上の観点から、このアスペルガー症候群の風俗利用者は

このような出稼ぎ女性の多いお店を利用すべきと判断している。

 

 

最後に

 

アルペルガー症候群の利用者に私は言いたい

顔を舐めるなどの異常行動は 高額が料金が発生する為

普通のお店の利用は避けるべきだ

ガシガシに執着してるアスペは女性を血だらけにしてしまうケースもあり

話しが聞けない、自分勝手と

この病気では言われているが

風俗店の利用時だけは注意を払う必要がある

 

貴方の身の危険もあるからだ。

貴方はわざとでは無い

これを理解しているお店なら大事にはならない

 

 

てめー馬鹿にしてんのかよ? やってやるよ

このクソガキが 上等だよ

俺を馬鹿にしてるんだな

お前は俺に挑戦してるんだな?

人生ひっくり返してやるよ!!

このスタイルのお店だと確実に貴方は終わる。

 

 

普通のお店は普通の女性がいる為

本来は ただの風俗店より3倍の料金が必要とされているが

世間の値段設定に合わせて、さらに割引をしている為

特殊な異常行動者は

この値段に見合わない為 利用を避けて欲しいと警鐘を鳴らしている。

 

私はアスペルガー症候群に対して、ある種の理解もある

 

ただ風俗店としての立場上、きつい事も言わなければならない事を

 

理解して欲しいと願っているが

 

理解が難しいのも、こちらが理解している。

 

先ほどのアドバイスを聞き、実行して欲しい。

もう当店には関わらないで欲しい

顔舐め10万円とかホームページに記載するの

恥ずかしいので早く消したい

言わなくても周知の事実であり、普通はしない顔舐めなんて

顔舐めなんて言葉すら言いたくも無い

一般男性には無縁だからだ

私の苦しみも理解して欲しい。

 

私は貴方のレベルに合わせてふざけて伝えてきた事もあった

最近、アスペルガー症候群の論文を読み、あなたたちの中に

存在していると気づいた事もある為、今回は真面目に記載させて頂きました。

 

こんだけ馬鹿にしても伝わらないって不思議だなと思っていたけど

アスペルガー症候群の人は自分の悪口を言われていると理解出来ないと知ったんだ。

デリヘルで今危ない男

 

理解されない苦しみ、それは分かる

でも一般の女性はお金をもらっても無理なんだ。

 

病気のせいにするなとか沢山言われて苦しんだのだろう

でも顔舐め病気のせいだ。